志ののおすそわけ。

2人と17頭の家族の日記@京都

澄んだ瞳で

先週の週末、てんてん丸さんのおうちへ
新入りの婆様に会いに行ってきました♡



ぎやああああーーーー





あまりの可愛さに取り乱すしのたろ





はじめまして

手を近づけると自分からスリスリ!




だめだ、泣きそう、、






婆様、しろさんを見ています。




わしわしわしわし〜

嬉しそうなお顔





もう終わり?




婆様はダンボールに入れられていたところを
家庭動物相談所に保護されました。
遺棄の可能性が高く、
飼い主が現れなければ殺されるところを
奇跡的にてんてん丸さんに救われたのです。

詳細→てんてん丸さんのブログ『猫缶』



誰にどんな事情があってダンボールに入れられたのかはわかりません。
でも、飼い猫に「これからはひとりで生きていきなさい」ということは
死んでしまっても構わないと言っているのと同じことです。





なのに、澄んでる…



穏やかで優しい婆様の表情を見ているだけで
胸が詰まりました。



こんな子を、
この寒空の下へ放り出すなんて…



隣りでしろさんが
私のことを「病み病み〜」とからかうので、意地でも泣きませんでした。






これから毎朝東の空を拝みます。
てんてん丸さんちの方角に…よかった、普段から頭を向けて寝ていました。
婆様の命を助けてくださって、本当にありがとうございました。





☆☆☆




うちの老猫ナンバーツー

の、尻です。


保護時に推定8才だと言われたあすか。
今年で14才の予定ですが…
実はまだ10才ぐらいなんじゃないかと思っています。
老猫だなんて言ったら
機嫌損ねてごはんを食べなくなっちゃう。



婆様もあすかも、
みんな元気に長生きしてください。




最後はピチピチ灯ちゃんショット☆

朝、おばさんの手をテチテチ…ガブリ。

優しく起こしてくれます。