志ののおすそわけ。

2人と17頭の家族の日記@京都

小麦の時計

IBD疑いでステロイド治療をはじめた小麦⇒

…でしたが、
はじめて2、3日後にはまた食欲が落ちてきて
ステロイドを飲む前と変わらなくなりました。


●9月20日 調子が悪くなってはじめての血液検査
総蛋白 4.2↓(正常値 5.7〜7.8)
アルブミン 1.5 ↓(正常値 2.3〜3.5)
白血球数 34900↑(正常値 5000〜15000)


●10月31日 ステロイドを飲んで17日目の血液検査
総蛋白 4.8↓
アルブミン 1.8↓
白血球数 60400↑


この結果を見て先生は
「もう少しよくなっててもいいんですけどね、、」と。
そして、白血球数が跳ね上がっていることについては
ステロイドで免疫が抑えられていることで
慢性鼻炎がひどくなっているところからきている、
としか考えられない」と。。


…ほんとに?


お鼻は前からズビズビだけど、
特別ひどくなった様子はないですよ?


白血球数がこんなに増えたことに
なんだかすごく嫌な感じがしました。
ただの素人の勘ですけど、でも、怖いと思いました。
小麦の体の中で何かとてつもなく悪いことが起きてるんじゃないかって…


先生はコンベニアだけでは抗生剤が足りないのでしょうと、
この日から抗生物質の飲み薬も追加することに。

でも抗生物質を増やしても様子は変わらないまま
4日目の投薬後 すぐに吐いてしまいました。
先生に電話すると、薬を1日おやすみするように言われるも
翌日、また同じように吐いてしまいました。


もう、待てない。
待ってられない。
じわじわと、でも確実に悪くなってきてる…!


私が仕事に出てる間、小麦はどうしてる?
多分ほとんどを寝て過ごしているでしょう。
体の不調に耐えて、
じっと良くなるのを待って。
一日のほとんどをそうして過ごしてるんじゃないか…
わたしよりもずっと短い一生の
長い長い一日を。
そう思うと、いてもたってもいられなくなって
実家の夏男を診て下さっている先生のもとへ走りました。





それが今夜のことです。
11月5日は“いいご縁”の日だそうです。
そんなことはつゆ知らず、ちょうど9年前の今日 結婚式を挙げました。

今夜の小麦の転院も、いいご縁だったと振り返ることが出来ますように。
必ず良くなって、また美味しくごはんを食べられるようになりますように。