志ののおすそわけ。

2人と17頭の家族の日記@京都

ぬっく通信 −卒園2年目へ−

温の里親さまから、写真が届きました☆


温の卒園が去年の2月13日。
もうすぐ1年です。


里親さまより。

最初は気になって気になって。
でも慣れるまでは静かにしておこう。でも気になる…という感じで私も落ち着かなくて。
本当に少しずつ、距離を縮めていって夏には追いかけられるようになり、
秋には一緒に寝るようにまで。
最後は一気に距離が縮まったような気がしてます。



里親さまとの距離は縮まるにつれ、
人見知りするようになったそうです。


もう、私にも挨拶してくれないかもね。
でもそんなことは全然OK☆ ノープロブレム



☆おまけ☆

里親さまのお勤め先での、ペンキ塗りたて被害だそうです。

お勤め先は郊外にある会社で、
ご近所さまの犬が度々脱走してきたり、
のら猫が入り込んで子猫を産んだり、
動物にまつわる事件が色々あるそうです。

そんな、フツウの会社では疎ましがられるような事でも、
里親さまの会社は違って...
犬担当の方がその都度出動。
飼い主への連絡と、お迎えまでのお世話をされるそうです。

それは、里親さまだったり(笑)。

温を迎えて下さってからは、猫担当も兼任されることになったのだとか(笑)。

とても、優しい会社なのです。

この足跡も目立たないところだったために、
残すことになったそうですが、
その後、手違いで塗り直されてしまったのだとか。 残念

とても、あったかい会社なのです。