志ののおすそわけ。

2人と17頭の家族の日記@京都

行き倒れの猫

先週の火曜日



いつもは通らない道を通って帰る途中
道路脇に倒れている猫を見つけました。


「事故か、、、」


もう亡くなっているように見えたけど
車を停めて近付くと、生きてる...!?

外傷は見当たらない。
抵抗なくキャリーに入れられたので
そのまま病院へ走りました。


そうしたら...キャリーの中で出産


ガリガリの体でおなかだけがパンパン
妊娠していることはすぐにわかりましたが
まさかキャリーの中で出産するとは思っていなくて慌てる慌てる(汗)



若干(いや、かなり)パニックの中、病院へ向かいながらてんてん丸さんに電話すると
病院まで駆けつけてくださいました。




それからは病院で3匹

帰宅してから2匹

合計6匹の仔猫が生まれました。


みんな体重50グラムの未熟児
小さな小さな、まるで鳥の雛のような仔猫達でした。





母猫の状態は悪く、お乳は出ませんでした。
初乳さえも飲めなかった仔猫達は
その日のうちに1匹
最初はミルクを飲んでくれた仔猫達も
だんだんと飲めなくなっていって
3日間でみんな亡くなってしまいました。




無力感と悲しみに押しつぶされそうに...
でも、まだギリギリの状態の母猫が残っています。



健康なら3.5キロあってもよさそうな体格

母猫の体重は2キロでした。



毎日皮下補液に通って
自分から食べてくれないので強制給餌

それでも徐々に減っていく体重に
どうしたらいいのか、涙が出ました。





昨日の通院では体重は1.92キロに。

骨と皮の体から採血するのはかわいそうでしたが血液検査を受けました。
驚いたことに、結果はどこにも異常なし。


じゃあ、どうして食べない?
どこかにまだ見えない病気が隠れてるの?

悪いことばかりが浮かびます。



食べないと死んでしまうよ...



途方に暮れそうになった昨日


自分から食べだしてくれたんです!!!!

強制給餌を始めて5日目でした。



△▼△▼△▼△ ▼△▼△▼△ ▼△▼△▼△

この1週間ほとんど寝る時間がなく
根性のない私はフラフラでした。
でも昨日は夜中にドライフードを食べだしてくれてから(3:30)
今度は興奮してほとんど寝られず(苦笑)


嬉しく嬉しくて、、、





キレイな縞三毛のお母さん
名前は『おせち』

あっという間にお星さまになってしまった仔猫達の分も
生きて、しあわせになってほしいです。




おせちの倒れていた道路から見上げた狭い空



『たづくり』キジ白
『きんとん』茶トラ
『こぶまき』キジ
『かずのこ』茶トラ白
『にしめ』三毛
『かまぼこ』茶トラ

今度は温かくしあわせな家庭に生まれてくるんだよ