志ののおすそわけ。

2人と17頭の家族の日記@京都

うめママさんの決断

お盆休みよりも長い今年のシルバーウィーク。


年に一度と言わず、
毎月こんな連休があったらいいな〜


何しようかな♩
みなさまはいかがお過ごしでしたか?
しのたろは…ホカク。



性懲りもなく捕獲していました。



場所は、ご近所(しのたろ家より数歩)のうめママさんが
健康のために始められたウォーキングがきっかけで見つかったエサやり宅


90代の婆さんと60代独り身の息子がエサをやり野良猫が増えた。
近隣からの苦情に困って猫をどこかへ捨てに行くと言い出したんだとか。





問題はそれだけじゃなくて、
エサやり宅の前は幅2メートルほどの舗装されていない歩道で
その先すぐに田んぼがあります。

その田んぼに鹿除けのネットが張り巡らされていて
つい最近、そのネットに絡まって仔猫が亡くなっていたそうなんです。。





その事を聞いたうめママさんは
悩んで悩んで悩んだ末に全頭保護する決心をされました。
そしてこの連休前に、私に捕獲の相談をしてこられたのです。



その数、9頭。
母猫1頭と4ヶ月齢ほどの腹違いの仔猫が8頭です。








捕獲初日
てんてん丸さんとしろさんが助っ人に来て下さって6頭の仔猫を捕獲。


バスみたいに大きな車で9台の捕獲器を運んで下さって、
ほんとにほんとに助かりました。








2日目はおあちゃんが来てくれましたが
エサやり婆さんが夕方に餌をやってしまっていたので、捕獲ならず(怒)。



3日目は60代の息子に敷地内へ入らせてもらって
残っていた仔猫2頭のうちの1頭を捕獲。



4日目はうめママさんと息子で捕獲にチャレンジするも
残った1頭の仔猫(♂)は警戒しきってしまっていて捕まらず。





この時点で、息子は捕獲を諦めて
手術の済んでいる母猫(たまたま先月手術した黒白ハチワレが、ここの母猫だった)と残りの仔猫は世話をすると言い出しました。





捕獲器に近づこうとしない仔猫
このまま続けても捕獲は難しい状況だったので
うめママさんも渋々捕獲を断念されました。



...が!



エサやり宅内に入ってわかったんですが、
中庭に猫除けのネットが張ってあるんです。
猫がトイレしないように。

そのネットに絡まって仔猫が死にかけていたことがあると
平気な顔して息子が話したそうです。

でもネットは今も設置したまま。



そんなところへ仔猫を置いておけない!!



再び奮起されたうめママさん
息子を説得して、残していた仔猫を捕獲してこられました!
仔猫達、息子にはそこそこ馴れているんです。








そんなわけで仔猫8頭
うめママさんのお宅に保護されました。


初日に捕獲できた6頭





一度は諦めた最後の仔猫






うめママさんに見つけてもらって
この子達の一生は180度変わりました。
安全でしあわせな毎日を送ることができますね。


うめママさん、
ひとまず本当におつかれまでした。

これから家猫修行をしながら
去勢・避妊手術、医療ケアを済ませて里親さんを探されます。

良いご縁に恵まれますように
みなさま応援よろしくお願いしますm(__)m