志ののおすそわけ。

2人と17頭の家族の日記@京都

顔面神経麻痺からの〜...ぼたん 里親さん内定☆

びっくりタイトルでごめんなさい^^;




元気いっぱい食欲満点のぼたんの異変に気付いたのは
先週の水曜日でした。




おしゃべりする時に、左の唇しか上がらないんです。

そして、目薬を差しても右目は見開いたまま。




慌てて先生に診てもらうと
【顔面(右半分)神経麻痺】と診断されました。

目は見えていて、瞬膜は動きます。
右まぶたを動かすことが出来ず、
右側の唇・ひげ・耳も反応がありません。

ぼたんのいる洗面所の扉を開けると、ぼたんはすぐに目を覚ますので
寝ているところを見たことがないんですが
恐らく右目は半開きか、もしくは瞬膜で目を覆った状態で寝ているのではないかと言われました。

神経症状が出ていることから、
FIP(ドライタイプ)の可能性もあるけど、
元気や食欲は満点で、ウンチもコロコロ。
もしFIPなら、麻痺のような症状が出た時にはすでに、全身状態も悪くなっていることが予想されるので
まず心配ないんじゃないか...
でも、念のために外注検査を受けました。





元気な仔猫の顔面神経麻痺は、先生も経験がないとのことでしたが
通院するまでに症状を連絡していたので
色々と調べて下さっていました。

そこで可能性として言われたのが
保護時から感染しているヘルペスウイルス

このウイルスに感染すると、くしゃみや結膜炎などの症状が治まっても
ウイルスは一生体の中に潜伏するそうです。
その潜伏場所が、顔を動かす三叉神経なのだということ。



もしかすると三叉神経に潜伏しているウイルスのせいで
神経炎を起こし、麻痺していまっているのではないか...

もしそうであっても、検査をして原因を特定することは難しいけど
今はその可能性が一番高いと言われました。





免疫力を上げるためにインターフェロンを打ってもらって
ぼたんは怒り心頭(笑)



FIPだなんて聞いたときは気絶するかと思ったんだから...



けど、こんなに元気なぼたんだから、
きっと大丈夫だって信じています








そしてかわゆいぼたんちゃんなので
早くも里親さん、内定しているんです☆


心配事を吹き飛ばして
早く卒園出来ますように。


ひきつってる^^;






☆☆☆


こちら、おこげです(笑)

お届けして数日後には
先住猫こちちゃんと仲良くなっちゃったそうです!

も〜〜、おこげはすごいね!
こちちゃんは大物だね!




先週のおばさんは、腰を痛めたり(苦笑)
ぼたんのことがあったりで、目を回す忙しさでした^^;

でもぼたんの元気と、おこげの奮闘に助けられて
週末にはご近所猫友のウメママさんのおかげで4頭の野良猫を捕獲、手術することも出来ました。

●白黒♀
●茶トラ白♂
●黒白♂
●キジ(しっぽ短)♀

妊娠している子もいて、本当に良かったです。

腰も良くなったので、
おばさんも元気出していくどー!