志ののおすそわけ。

2人と17頭の家族の日記@京都

Xday

去年の暮から里親さん募集を停止していたニゴさんご
このまま、うちの家族の一員にすることにしました。



え?



え?









ええ!?


2人と7頭の家族の日記
これからもご贔屓に...よろしくお願いします*^^*







    ☆    ☆    ☆
タイトル「Xday」の詳細は↓↓↓

長い言い訳になりますので、読んであげてもいいよ〜という方だけお進み下さい^^;








撫でられるのが大好きで、膝にも乗ってくる甘えたい兄ニゴ

ニゴ7ヶ月齢

人の手が好きで、手を近付けると必ず舐めてくれます...延々^^;

でも抱えることはダメ。
両脇に手を入れて少しでも体を浮かそうとすると、猛然と逃げ出します。
手先を持つことも嫌がるので爪は切れません。(触るのはOK)

まだ小さかった時には暴れても何とかなりました。

ニゴ3ヶ月齢
投薬も点眼も通院も爪切りも。

それでも人馴れは十分にしてるんだからと、
ジタバタ暴れて嫌がる抱っこは無理矢理しようとはしてきませんでした。

それがいけなかったのかなぁ...

捕まえられない成猫になってしまった...(;´Д`)




そして畏れていたXdayがやってきました。。

ニゴ1才のワクチン




どうやって病院へ連れて行くか
どうやってキャリーへ入れるか
どうやって洗濯ネットに入れるか

ニゴが最後に通院したのは1年前のワクチンの時
それからずーっと悩んでいました。




1年前はまだ小さかったニゴ

ケージで寝ているところを、首後ろを持ってケージから出し(ごめんねー;;)
そのまま床に押さえ込んだところを洗濯ネットでババババババ!!と...二人がかりでした。
そうして病院に連れては行けたけど、
診察台に乗せると洗濯ネットのまま走って逃げようとするので、
ネットの上から更にバスタオルで目隠し。

...通院時の野良猫レベルは雪並みかそれ以上か...

体重は量れていませんが、今は確実に4kg以上あります。
今年も二人がかりで捕まえるか( -ェ-)
でも、日頃からN氏が近づくだけで逃げていくのに、
そこを何とか押さえられたとして、果たしてそこまでしてワクチンを打つべきなのか。
そんな疑問すら浮かんできて...先生に相談に行きました^^;

                                                                                                                      • -

病気の予防にはワクチンを打つことがとても有効である...けど、
完全室内飼いで、現在9頭いるうちの雪とニゴを除く7頭がワクチン接種をしていたら
(チっちゅんももうすぐワクチン接種)
集団免疫が出来ている環境なので、
万一風邪ウイルスが部屋に持ち込まれたとしても、
蔓延することはないでしょうとのこと。

ただ、何より恐ろしいパルボウイルスが入ってしまったら、
免疫が完全ではないニゴは感染してしまう...。
ニゴは過去2回のワクチンを打ってるけれど、
成猫になってから打つワクチンが免疫を高めるために、一番大切だと言われました。


雪は過去に1回だけ、避妊手術の時にワクチンを打ってもらいました。
ちょうど1才になった頃です。


小さい頃にワクチンを2回打ったニゴよりも、
1才の時に一度だけ打った雪(現在4才)の方が
現在の免疫は高いと言われました。


完全室内飼いとはいえ、猫の出入りがある...我が家です。
通院のストレスも猫一倍のニゴですが、
今年だけはなんとかワクチンを打ちましょう!
ということになりました。

                                                                                                                      • -

がんばります(ノД`)...

そして、先生に聞きたかったことがもうひとつ、、
ニゴとさんごの怖がりは、私のお世話の仕方がいけなかったんですか?
嫌がることに慣らせようとはせず、
嫌がることをしないようにしてきたことがいけなかったんでしょうか(´・ω・`)…


先生の答えは、
猫は生まれ持った性格が、そのほとんどを占めるので、
育て方が影響していたとしても、ほんの少しだけだと思います。

最近になって、その生まれ持った性格が、母猫が妊娠中に過ごした環境や
栄養状態が関係していることがわかってきたそうです。

ひーちゃん(ニゴさんご母)は妊娠中、主に鯛の切り身を食べていました...
そんな偏った食餌も影響してるのかな。

                                                                                                                      • -

ニゴさんごの性格は一言で言うと、怖がり。
怖がりを怖がりのままに育てたことに責任を感じていましたが、
先生にそう言ってもらえて、だいぶ気持ちが軽くなりました。

さんごは未だにN氏が怖くて、大き〜く避けて通ります。
ニゴはN氏が座っていたら大丈夫ですが、
立って近づくことは出来ません。

3ヶ月齢の頃から、1年4ヶ月一緒に暮らして、、です。
N氏には馴れていないニゴさんごですが、この家のことは我が家だと思っています。
特別に怖がりなこの兄妹に
これから新しい家族を探して、
新しい環境に、新しい世界へ送り出すことは、もうしたくない…。



それが家族に迎えた理由です。



リッパな大家族になってしまいました。
許してくれたN氏がポツリと、「ビッグダディ...」



そして大家族を支える為、
私も明日から仕事をすることになりました。

がんばらなくちゃ〜(棒読み)



最後まで読んで下さってありがとうございました*^^*