志ののおすそわけ。

2人と17頭の家族の日記@京都

事件の詳細

先日の記事を読んで下さった方々が、事件の拡散を申し出て下さっています。
本当にありがとうございます。

ここにも、事件の詳細を書くことにします。

とても辛くて、悲しくて、怖い内容になっています...。
殺された仔猫の様子も詳しく書いています。
事実を知ってもらうために是非読んでいただきたいのですが、
ダメかも...という方は読まないで下さい。

最後に1枚だけ、殺された三毛ちゃんの元気だった頃の写真があります。
数日前にYさんからその写真を送っていただいた時には、
その写真ですら、私は直視することが出来ませんでした。



                                                                                                                                                                                              • -

何者かによる猫の無差別捕獲(捕獲器を使用)と、毒物らしきエサが撒かれる事件が起こっています。

場所:京都府京都市下京区橘町(御幸町高辻上がる)
  (高辻通りから5軒ほど上がった東側にあるガレージです)

第一発見者Yさん:ガレージ近くに住む女性


●6月11日 8:40頃
 
 ガレージから猫の鳴き声がするのでYさんが見に行くと、
 捕獲器が設置してあり、仔猫が捕まっている。
 
 捕獲器の開け方がわからないYさんは、
 ガレージに隣接する商店でペンチを借り
 捕獲器をこじ開けて仔猫を逃がす。

 この時ガレージ内へ自転車に乗った男が入ってくる。
 (ガレージはL字型になっていて、用の無い人間が立ち入るような所ではありません。)
 男はYさんを見るなり逃げる。
 しばらくガレージ周辺をウロウロし、その後姿を消す。

 【男の特徴】
 茶髪でパーマをかけているか、もしくはくせ毛。 
 メガネを着用。色はシルバーか黒。四角いフレーム。
 服装はジャケットに細身のパンツ、キレイめな格好。
 身長は高そう(175センチ以上か)体格はかなり細め。
 シルバーっぽい普通の(折りたたみではない)自転車で、前カゴ有り、荷台無し。

 Yさんは猫を逃がした後、一旦帰宅してOさんへ連絡。
 Oさんから通報するように言われ、再び現場へ戻ると捕獲器が無くなっている (9:30頃)。
 近所の高辻交番へ駆け込む。

 ※Yさんの元親さまで、この事件を初めに発信された方。滋賀県在住。


●6月13日 18:30頃
 Yさんがガレージ奥に仔猫のかかっている捕獲器を発見。
 仔猫のかかっている状態ですぐに通報。
 
 下京署・高辻交番の警察官がちんたら(怒)来る。
 Yさんが「これは動物愛護に反しているのでは」と言っても、
 警察官は聞く耳持たず、のらりくらりな対応。
 
 そこへもう1人警察官が到着。
 ここでやっと仔猫を逃がし、捕獲器は警察が押収。
 その捕獲器にはこじ開けた跡があり、11日のものと同じ捕獲器だと判明。

 警察の対応は「今後パトロールをする」というものだった。


●6月14日 朝
 毎朝、隣接する商店の屋根で日向ぼっこしている猫の数が激減。
 屋根にはナイキの足跡がついている。
 
 一連の捕獲器のことをガレージ管理会社へも問い合わせるが、設置していないとの回答。
 許可を得て「動物遺棄は犯罪です」ポスターをガレージ奥へ貼る。 


●6月17日 6:30頃
 ガレージ内にネズミ駆除剤らしきものが撒かれ、すぐ近くに猫の缶詰の内容物が落ちていた。

                                                                                                                                                                                              • -

7月1日頃から仔猫を見なくなる。
もともと8匹いた仔猫のうち、
○黒
○黒白ハチワレ
○三毛
○サバ白
○白黒
以上5匹が行方不明に。

                                                                                                                                                                                              • -


●7月8日 
 11:00 パトロール異常なし
 15:00 パトロール異常なし
 18:00 ガレージ奥、ポスター下に2匹の仔猫の死骸を発見
 
 三毛:溺死させられたのか、体がパンパンに膨れ上がっている。
    指が何本か無い(腐敗がひどく、はっきり確認できず)

 サバ白:首の骨が折られている

 すぐ通報。
 高辻交番から(13日に来た警察官とは違う)警察官が到着。
 この時の警察の対応はよかった(当たり前)。
 写真も撮影。


●7月9日
 現場から通りをはさんだところには京都市立開智幼稚園があり、
 子供達にも危険だと感じたYさんが、一連の話をしに行く。

 すると、9日朝に幼稚園の敷地へも仔猫(白黒)の死骸が投げ込まれていたことが判明。

 幼稚園からの通報で、その後数日間は警察もパトロールをする(現在は全く無し)。


●8月15日ごろ
 Yさんが駐車場に魚の唐揚げが落ちているのを発見。
 持ち帰り処分する。


●8月19日
 24:00前 Yさんパトロール異常なし
 
 25:00  あねこさんとなきべい兄さんがパトロール時に捕獲器を発見。
      中には魚肉ソーセージがかけてあり、仕掛けが下りた状態。
      猫は入っていない。ひとまず回収。

                                                                                                                                                                                              • -

ここから捕獲に行き、現在に至ります。

仔猫の死骸が発見されてからすぐに、
Yさん、Oさん達が猫達の一斉捕獲をされました。
ですが成猫は警戒心が強く、捕まえられたのはガレージにいる10頭のうち2頭と、
残っている仔猫3匹のうちの1匹だけだったそうです(仔猫は保護されました)。

行方不明の仔猫(黒・黒白ハチワレ)の行方は今もわかっていません。

また、ガレージ奥のフェンスの向こう側、
手の届かないところに首の無い仔猫の白骨化した死骸があるそうです。
(1年ほど前からあったのだとか...)


絶対に許せません。
初めて詳細をOさんから聞いた時には、怒りがこみ上げてきましたが、
捕獲のために現場へ行った時、

怖い...

膝から力が抜けていくような感じがしました。


元気だった頃の、三毛ちゃんの写真です。(Yさんより)

仔猫達がどんな恐怖に襲われたのかと思うと、、
黒い気持に押し潰されてしまいそうになります。


犯人を...!!!


この事件を、潮かつお宅のこまおちゅあんの保護主さまである、
てんてん丸さんのブログでも書いて下さいました。

『猫缶』
http://blogs.yahoo.co.jp/tentenmaru0324/67130296.html

てんてん丸さんが、その記事の最後に犯人のことを
「情けない」と書いてらっしゃいます。
ほんとに、、
その通りだと思います。


みなさんの力を貸して下さい。
事件をたくさんの人へ広めて下さい。


どうか、これ以上被害が増えないように!!!